コロナウィルス疑いの患者さんとのやりとり

中村 司ブログ

元サイトの記事はこちら☞ コロナウィルス疑いの患者さんとのやりとり


4月に、コロナウィルスに罹患していると推定される方から相談を受け、電話で話しました。

話したのは夕方でしたが、ご報告によると、夜にはさっそく呼吸が楽になったとのことでした。

(対面でなく「電話で良い方向に導けるかも」ってありがたいことです)

とりあえず、私がしたのは、、
呼吸系に良い息の仕方、呼吸が浅くなる電磁波への対策を伝えて、
遠隔で「肺の気」の乱れを整えておいたくらいです。
(チェックしたら、たしかに五行の金、肺のエネルギーが不足してたみたいなので)

あとは「自分である程度対処できる」という安心感ですね。
案外、大きいと思います。

 

【有効と考える内容】

呼吸を深くする方法、内臓ケア方法、安心な除菌剤、

良質な液体ミネラル、電磁波の対策、遠隔の「五行」バランス調整など

 

最近、医療機関が積極的に設置しているのはオゾンを発生する機械です。(ここだけの話。。)
プ●ト●製品も有効のようで、現在、入手困難の状況にあるようです。(知ってる人だけの話)

----------------------

この方は大都市に住んでいらっしゃいますが、
「PCR検査は受けさせてもらえない」という当たり前の話はさておき、中村の勝手な妄想を記します。

---

東洋医学の基本概念に、【五行思想/ごぎょう】があります。

木火土金水(もっかどごんすい)。
これは、肝、心、脾、肺、腎の「機能、お働き」に当たります。
「肺炎」が起きやすい【肺】系の機能は「金の性質」です。

ということは
金属の性質、微量金属、鉱物、ミネラルとも関係するのかもしれませんね。

---

免疫が低下する原因、呼吸が浅くなる原因としては、
とくに都市部では、ご存知のように、
新しい通信システム、強い電磁波が影響するのでは、と妄想しています。

体内に「有害金属、重金属」をため込んでいる場合、
それが受信機になる、と言う指摘も以前からあります。
(アマルガムなど歯の金属の詰め物も問題視されますね)

---

なので、
その排毒、排泄をまず徹底すると良いのでは。
良質のミネラルが必須です)

温めることで血行・循環の改善、
深い呼吸の徹底、
良いミネラル(鉱物/微量元素)、、
等です。
さらに身体に影響が出ていると考えるなら、電磁波の対策もすべきと思います。

---

問題の背景として、、
大地とのつながりが弱いこと。
丹田を中心にしていないこと。
呼吸の軽視。
自然と離れた生活。
夜に出歩くこと。
太陽光の素晴らしさの認識不足。

---

書くと多くなりますが、、
五行は、
全て大地のエネルギーに関係すると思いました。

大地とのつながりを重視してほしいです。